【】

曇り空には町で餃子とビール
TOP PAGE >

湿気の多い仏滅の早朝はビールを

2年前から、鹿児島に住むようになって大型台風をとっても気にすることになった。
風が全然違うからだ。
長崎に住んでいたことも東京に住んでいたこともあるのだけれど、台風の強風が全く違う。
サッカーのゴールポストが転がり走ると聞いたときは、オーバーだと思ったが、事実だった。
超大型台風が通った後は、高いヤシや高い樹は倒れ、海辺の道はゴミであふれ車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海近くの家や旅館では、車両のサイドミラーが割れたり、家のガラスが割れ、天井が飛んだりと嘘だと思っていたようなことを見た。
直撃せずにかすめていくだけでも風は非常に強く、古い民家にいると家の揺れる音がたいそう心配してしまう。

蒸し暑い平日の夜は散歩を
とある夏、私は友達と、東京から下道を使って、サザンビーチに向かった。
なぜかと言うかは、私の一眼レフで写真を撮ることだったけれど、思うように撮ることができない。
海岸は長く来ていなかったこともあり、写真に飽きるとサンダルを脱いで海に入りはじめた。
海水にも飽きて、砂で小さな城を作ることをして遊びはじめた。
そこ位までは、確実にそばに置いていた白の一眼。
じゅうぶん滞在して、帰路の途中、GSで私の一眼が鞄に入っていない事に驚いた。
がっかりして家まで帰ったけれど、しばらく、とても切なくなった記憶がある。
たくさんの記録が入ったお気に入りのデジタル一眼、今はどこにあるんだろう?

汗をたらして話す先生とアスファルトの匂い

夕刊に、女性の眉毛のデザインに関して、なかなか面白い事柄が記載されていた。
真実が分かれば、いきなり色香まで感じてくるので面白い。
目にするだけでは、恐ろしく感じる場合もあるが、江戸の頃は成人女性の証だという。
真実が分かれば、次第に色っぽくも感じられるので不思議だ。

そよ風の吹く仏滅の午前はこっそりと
人のおおよそが水だという研究もあるので、水は人々の基本です。
水分摂取を怠ることなく、お互いに健康的で楽しい季節を過ごしたいものです。
ぎらつく光の中から蝉の声が耳に届くこの頃、いつもあまり出かけないという方でも外に出たくなるかもしれません。
すると、女性だと日焼け対策に関して敏感な方が多いのではないでしょうか。
暑い時期の肌の手入れは秋に出るという位なので、やはり気にしてしまう部分ですね。
やはり、誰でも気にかけているのが水分摂取についてです。
ましてや、いつも水の飲みすぎは、良いとは言えないものの夏の時期は少し例外かもしれません。
と言うものの、たくさん汗をかいて、知らないうちに体から水分が抜けていくからです。
外に出るときの自身の体調も関係あるかもしれません。
もしかすると、自身で気付かない間にわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
真夏の水分摂取は、次の瞬間の具合に表れるといっても言い過ぎではないかもしれないです。
少し歩くときにも、ちっちゃいものでかまわないので、水筒があったらとても便利です。
人のおおよそが水だという研究もあるので、水は人々の基本です。
水分摂取を怠ることなく、お互いに健康的で楽しい季節を過ごしたいものです。

よく晴れた金曜の日没は友人と

2ヶ月前まで一切知らなかったが、水について大丈夫なオムツというものが売っていた。
都会では、水用オムツ着用で入れる所と入ってはいけないところがあり、場所によって違うらしい。
確実に、他人からしたら、水についてももれないオムツでも大便など入っているオムツで同じところに入られたら、気持ち悪いだろう。
だけれども、しかし、子供の親だったら、プールにいれてあげたいという気持ちもある。
かといって、立場が逆だとしたらとってもいやだ。

一生懸命叫ぶあの人とファミレス
さやかちゃんは一見おだやかそうに見えるけれど、アクティブな女性。
夫と、3歳の賢治くんと、仲良し3人一家で、パン屋さんのななめ向かいの一軒家に住んでいる。
正社員の仕事も育児も完璧にこなして、多忙だけど、時間の有効活用は上手。
少しでも時間があれば、今日うちに来てくれる?など必ず連絡をくれる。
私は結構頻繁にミスドを作って、さやかちゃんのうちに向かう。

風の無い月曜の深夜に窓から

昔、体の状態が悪い上に、食事と、睡眠の具合が良くなかったので、口内炎が増した。
改善したいと思って、食生活を意識し、美容にいい事をし続けようと周りの意見を聞いた。
大いに推進されたのが、アセロラドリンクだ。
今でも毎朝飲む。
レモンよりもCが多く含まれているとの事だ。
コンディションと美容は結局食事から作りだされるのかもしれない。

雨が上がった水曜の深夜に歩いてみる
挨拶用でいくつかスーツに合うYシャツを持っているけれど、いつも選ぶ時に多く試着する。
それくらい、シャツにこだわるのも変わってるかと感じていた。
でも、昨日、シャツは特注でという方がいたので、驚いた。
もちろん、Yシャツひとつでスタイルが良く見えるからかな、と思った。

涼しい日曜の晩は目を閉じて

育った地域が違うと経験が違うのをいっしょに暮しだしてから大変分かるようになった。
ミックスジュース飲む?と妻からいきなり聞かれ、売っていたのかなと考えたら、家で作るのが一般的みたいだ。
缶詰のモモやら他と氷を投げ入れて、牛乳を挿入して家庭用のミキサーで混ぜて終わりだ。
家でごくごくと飲んだのは最初だったが、すごく味わい深かった。
くせになったし、おもしろいし、私も作り飲んでいる。

怒ってダンスするあの子と冷めた夕飯
少年は、今日は学校の給食係だった。
マスクと帽子を着け、白衣を着て、他の給食係たちと、今日の給食を給食室へ取りにいった。
今日の主食は、ご飯ではなくパンだった。
バケツみたいに大きな蓋付きの鍋に入ったシチューもあった。
少年は、一番重たい牛乳は、男が運ぶべきだろう、と思っていた。
クラス皆の分だから38本ある。
だから自分が、バットに入った瓶入り牛乳を持ったけれど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に運んでくれた。
牛乳は重いので女子に運ばせたくなかったけど、クラスでも一番かわいいと思うフーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思ったので、少年はちょっとドギマギしながら、そのまま2人一緒に牛乳を持つことにした。

弁護士に借金の相談を無料で
借金の無料相談、弁護士・司法書士が承ります。借金返済で困ったら、弁護士や司法書士などのプロに頼ってみませんか?
闇金被害金額回収と司法書士弁護士.com
闇金トラブルに苦しむ人は、いつ終わるか知れない状況に希望が見出せずにいます。闇金トラブルのことなら、コチラで無料相談してみませんか?

コンテンツ

ただいまの時刻


コンテンツ


たとえば、地球を初めて見る宇宙人に「ステーキ」を説明するなら、どうやって言う?「カマイタチ」の雰囲気とか、ううん、まずこの世界の説明からするのかな。

Copyright (C) 2015 曇り空には町で餃子とビール All Rights Reserved.

ページの先頭へ